B+ ClipBoard

ClipBoard 着信あり!

 [ClipBoard]は、《Bosai Plus》の”キラーコンテンツ”として読者から高いご評価をいただいています。インターネット上の情報の大海から「これは《Bosai PLus》読者に広く知らせたい」という“推し情報”をみなさまに代わって見つけ出し、その情報源へリンク紹介するコーナーです。
 以下、《Bosai Plus》直近4号(約1カ月分)で収集した[ClipBoard]を掲載します。

 なお、《Bosai Plus》No. 101~直近号掲載の[ClipBoard](PDF) は、下記「Microsoft OneDrive」で閲覧できます(創刊号からNo. 100 は”工事中”)。[ClipBoard]から各時期の防災動向をうかがい知ることができます。
*リンク先での記事削除などにより「リンク切れ」となっている記事があります。

*No. 101~(直近号まで)の [ClipBoard](PDF)


《Bosai Plus》直近4号の[ClipBoard] より


■《Bosai Plus》第290号・2022年09月15日号(2022.09.01.~)
同P. 1(「もくじ」付き)へリンク

【官庁情報】

▼首相官邸:防災功労者内閣総理大臣表彰式
https://www.kantei.go.jp/jp/101_kishida/actions/202209/13hyousyou.html
(2022.09.13.)
 岸田総理は、総理大臣官邸で2022年防災功労者内閣総理大臣表彰式に出席。挨拶で次のように述べた。「皆様は、わが国で発生した各種の災害に際し、住民の安全確保や人命救助、被害の軽減など……(内閣府(防災担当):令和4年防災功労者内閣総理大臣表彰の受賞者決定)
https://www.bousai.go.jp/pdf/r4_jyusyou_souridaijin.pdf

▼首相官邸:南海トラフ想定し対応確認 「防災の日」総合訓練
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022090100113&g=pol
(時事通信:2022.09.01.)
 「防災の日」の1日、政府は南海トラフ地震を想定した総合防災訓練を実施した。岸田文雄首相を本部長とする緊急災害対策本部を設置。首相官邸で会議を開き、各省庁の取り組みを確認するとともに……

▼総務省:避難確保計画、作成進まず 火山対策で内閣府に勧告
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022090900685&g=pol
(時事通信:2022.09.09.)
 国が指定する火山災害警戒地域内の集客施設などで、噴火時の利用者の安全を守るための「避難確保計画」作成が十分進んでいないことが9日、分かった。近年噴火が起きていない地域の作成率が特に低く……

▼気象庁:「防災気象情報に関する検討会 中間とりまとめ」について
https://www.jma.go.jp/jma/press/2209/09b/20220909_kentoukai_interim_report.html
(2022.09.09.)
 「防災気象情報に関する検討会」におけるこれまでの検討を踏まえて「中間とりまとめ」がまとめられた。引き続き検討会を開催し、「中間とりまとめ」に示された検討課題について検討を進める……

▼気象庁:口永良部島の噴火警戒レベルを1へ引下げ
https://www.jma.go.jp/jma/press/2209/01c/kuchinoerabujima_20220901.html
(2022.09.01.)
 本日(1日)11時00分に口永良部島の噴火警戒レベルを1(活火山であることに留意)に引き下げた。新岳火口周辺に影響を及ぼす噴火の可能性は低くなった。口永良部島では、主に古岳付近の浅いところを……

▼気象庁:「実は7月下旬」関東甲信地方などの梅雨明け時期を大幅見直しへ 「観測史上最も早い」は幻に
https://news.yahoo.co.jp/articles/6785e7bc050cfa0c961aaaf74028903ac004d77e
(TBSテレビ:2022.08.31.)
 “記録”は幻に終わりそう。「観測史上最も早い」とされていた関東甲信地方などの今年の梅雨明けの時期を、気象庁が「6月下旬」から「7月下旬」に大幅に見直す方向で最終調整していることがわかった……

【自治体情報】

▼岩手県滝沢市:東日本大震災 「弱者を気遣い命を守る」 避難所運営から学ぶ防災・減災
https://news.yahoo.co.jp/articles/8c055327e87b6c6ed1bcad557da56d8abf57d51b
(岩手めんこいテレビ:2022.09.06.)
 東日本大震災で被災し岩手県陸前高田市で避難所の運営に携わった男性を招き、滝沢市で防災・減災学習会が開かれた。防災・減災学習会はいわて生協が企画。東日本大震災で被災し陸前高田市で避難所の……

▼東京都墨田区:地震や水害など備え 警視庁が防災講話開催
https://www.sankei.com/article/20220910-EGHRTFEGWBIJ3ACPWQYKYMOP24/
(産経新聞:2022.09.10.)
 来年で関東大震災の発生から100年となるのを前に、地震や水害などの災害に備えてもらおうと、警視庁は、墨田区東向島の東京東信用金庫本店で防災講話を開催した。職員や近隣住民約100人が耳を傾け……

▼山梨県山中湖村:富士山噴火に備え 避難が必要な住民 徒歩避難訓練
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220901/k10013799011000.html
(NHKニュース:2022.09.01.)
 富士山の噴火に備えて山梨県の山中湖村で、噴火にともなう溶岩流からの避難が必要な住民を対象に、歩いて避難する訓練が県内で初めて行われた。山中湖村で溶岩流の到達が予測される一部の地域の……

▼群馬県:浅間山噴火に備え 無人の機械遠隔操作講習 嬬恋村
https://www3.nhk.or.jp/lnews/maebashi/20220909/1060012912.html
(NHKニュース:2022.09.09.)
 浅間山の噴火に備え、安全に応急の対策工事が行えるように、無人の建設機械を遠隔で操作する方法を学ぶ講習会が、嬬恋村で行われた。浅間山の噴火に備え、人の立ち入りが危険な場所でも安全に応急の……

▼大阪府豊中市:自助・共助で地域防災力向上 豊中市北消防署と自主防災組織の合同防災訓練を実施
https://higashiosaka.keizai.biz/release/145775/
(東大阪経済新聞:2022.09.12.)
 豊中市北消防署は9月1日の「防災の日」にちなみ、風水害や地震による被害を軽減するため、管内で結成されている自主防災組織と合同防災訓練を実施した。 訓練は災害時に自主防災組織が自発的な活動……

▼和歌山県白浜町:警告板はつたえる 300年前の津波のおそろしさ 白浜・飛鳥神社
https://digital.asahi.com/articles/ASQ95737CQ95OXIE033.html
(朝日新聞:2022.09.06.)
 和歌山県白浜町富田の草堂寺から安居辻松(あごつじまつ)峠まで約5kmの上り坂が続く山道は、熊野古道の大辺路の難所のひとつだ。この峠道に挑む前に、草堂寺近くの飛鳥神社に立ち寄った……

▼兵庫県加東市:災害時の避難経路など確認 加東市で外国人対象に防災イベント
https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20220911/2000066161.html
(NHKニュース:2022.09.11.)
 災害時に命を守る行動につなげてもらおうと加東市でベトナム人の労働者などを対象に、地域の避難経路を確認するなどの防災イベントが開かれた。外国人が多く住む集合住宅を管理する不動産賃貸会社が……

▼鹿児島県奄美市:避難・防災計画策定 市に避難所整備など要望 住用町役勝集落
https://news.yahoo.co.jp/articles/7d71fd85cf03935afa2bcbcb05d34d6fe49bc620
(奄美新聞:2022.09.13.)
 奄美市住用町役勝集落(79世帯、145人)の住民らが12日、奄美市役所を訪れ、安田壮平市長に集落独自の「役勝集落避難・防災計画」を策定したことを報告、集落内の避難所整備や防災無線の個別受信機……

【報道クリップ】

▼朝日新聞:盛り土内「水圧高まり軟化」 県検証委が最終報告書 熱海土石流
https://digital.asahi.com/articles/DA3S15410945.html
(2022.09.09.)
 静岡県熱海市で昨年7月に発生した大規模土石流で、起点となった盛り土の崩落原因を調査してきた県の検証委員会は8日、記録的な大雨で大量の地下水が集まり、盛り土内の水圧が高まることで土が急に……

▼朝日新聞:玄海原発4号機、来年春まで停止 テロ対策施設に遅れ
https://digital.asahi.com/articles/DA3S15410896.html
(2022.09.09.)
 九州電力は8日、玄海原発4号機(佐賀県)の定期検査を12日から2023年3月下旬まで行うと発表した。テロ対策施設の設置が期限である13日に間に合わないため運転を停止する。通常は2、3カ月ですむ……

▼朝日新聞:原発避難、終わり見えぬ苦しみ 新増設検討「これ以上、侮辱するな」
https://digital.asahi.com/articles/ASQ98745GQ91ULOB021.html
(2022.09.09.)
 東京電力福島第一原発事故の後、福島から避難している被災者は、神奈川県内に約1800人。7月には国と東電に損害賠償を求める集団訴訟の「第二陣」の審理が始まり8月には岸田文雄首相が原発の新増設や……

▼朝日新聞:見えない完成、地元に不信感 六ケ所再処理工場、26回目の延期 青森
https://digital.asahi.com/articles/DA3S15409950.html
(2022.09.08.)
 青森県六ケ所村にある使用済み核燃料再処理工場の完成時期について日本原燃は7日、県と村に対し予定していた2022年度上期から延期すると報告。延期は26回目。新たな完成時期は現時点では示せない……

▼日経BP:NHKが防災の呼びかけ音声データを公開、アナウンサーの技術をAIが学習し作成
https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/news/18/13610/
(2022.09.02.)
 NHKは9月1日、長年防災や減災の報道に携わってきたアナウンサーたちの伝える技術をAI(人工知能)に学習させることで、音声データを作成したと発表した。作成したのは、大雨での災害が想定される……

▼朝日新聞:災害時、連絡手段ない人95% スマホ・携帯が不通の場合 きょう防災の日
https://digital.asahi.com/articles/DA3S15403270.html
(2022.09.01.)
 災害時にスマホや携帯電話が通じなくなると連絡手段がない人は9割超――。9月1日の「防災の日」に向けた警備大手のセコムの調査でこんな結果が明らかになった。最近は大規模な通信障害も相次いで……

【海外情報】

▼AFPBB:パプアニューギニアでM7.6地震 激しい揺れ、建物に被害
https://www.afpbb.com/articles/-/3423255
(2022.09.11.)
 南太平洋のパプアニューギニア東部で11日、M7.6の地震が発生した。沿岸部のマダン周辺や内陸部のゴロカなどで建物に被害が出ている。米地質調査所(USGS)によると、震源の深さは61km……

▼NHKニュース:中国 四川省地震 死者65人 200人以上けが 軍の部隊や消防出動
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220906/k10013805561000.html
(2022.09.06.)
 中国内陸部の四川省で5日に発生した地震では、これまでに65人が死亡し、200人以上がけがをした。中国政府は、軍の部隊を出動させるなどして、救助活動を急いでいる。現地時間の5日午後1時前……

▼ウェザーニュース:南大西洋でM6.5の地震 津波被害の心配なし
https://weathernews.jp/s/topics/202209/040205/
(2022.09.04.)
 日本時間の9月4日(日)18時42分頃、海外で地震があった。震源地は南大西洋(大西洋中央海嶺中部)で、地震の規模はM6.9と推定される。各国の機関からの情報ではこの地震による津波被害の心配はない……

【周年災害】

▼NHKニュース:「関東・東北豪雨」から7年 常総市で献花式
https://www.nhk.or.jp/lnews/mito/20220910/1070018479.html
(2022.09.10.)
 2015年の「関東・東北豪雨」から7年となる10日、堤防が決壊するなどして大きな被害が出た茨城県常総市で献花式が行われ、地元の住民などが犠牲になった人たちに祈りをささげた。「関東・東北豪雨」……

▼朝日新聞:朝鮮人虐殺「歴史を語り継ぐ」 小池知事は6年連続追悼文送らず 関東大震災99年
https://digital.asahi.com/articles/DA3S15404356.html
(2022.09.02.)
 関東大震災直後にデマにあおられた人らに虐殺された朝鮮人を悼む式典が1日、東京都墨田区の都立横網町公園であった。日朝協会などで作る実行委員会が主催し、約500人が参列した。小池百合子都知事は……

【市民防災】

▼朝日新聞:浅間山大噴火から240年 各地に古文書
https://digital.asahi.com/articles/ASQ806V79Q8GUHNB001.html
(2022.09.01.)
 江戸時代後期の天明3(1783)年、群馬・長野県境の浅間山(標高2568m)が大爆発し、山麓の村々は火砕流に襲われた。泥流が吾妻川に注ぎ、利根川流域の村落が流失。犠牲者は1千人を超す大惨事と……

▼朝日新聞:大地震、もしも風呂で裸だったら… 災害「もしも」シリーズ 第1回(全10回)
https://digital.asahi.com/articles/ASQ8V5QN5Q82UTIL007.html
(2022.08.29.)
 銭湯や温泉でゆったりくつろいでいる時、ふと不安に襲われることはありませんか。もし今、大地震が起きたら……と。裸のまま逃げたくはない。ではどう身を守り、どこへ逃げればいいのでしょうか……

【防災士関連】

▼NHKニュース:福祉施設の職員など対象に「防災士」資格取得研修
https://www3.nhk.or.jp/lnews/oita/20220913/5070013715.html
(2022.09.13.)
 福祉施設の防災力を高めようと職員などを対象に「防災士」の資格を取るための研修が開かれ、参加した人たちが災害時に向けた必要な備えを学んだ。福祉施設の職員の中から「防災士」を育成しようと……

▼東日本放送:地域ぐるみで園児の避難をサポート 宮城・多賀城市の保育所で津波避難訓練 防災士郵便局長が協力
https://news.yahoo.co.jp/articles/e9f7308839497dbd815c33f4cd3762fc33648046
(2022.09.13.)
 宮城県多賀城市の保育所で、津波を想定した地域ぐるみの避難訓練が行われた。訓練は、三陸沖を震源とする地震が発生し大津波警報が出された想定で行われ、多賀城市の桜木保育所に通う3歳から5歳まで……

▼テレビ金沢:石川県金沢市で防災士の資格取得講座 参加者たちが実際に起きた水害や地震などを例に対処法を学ぶ
https://news.yahoo.co.jp/articles/e71ca061ac619aab0f5310ce3fe13599f452d832
(2022.09.11.)
 災害の際に自主防災組織のリーダーとなる人材を育成しようと、石川県金沢市で防災士の講座が開かれた。県が開いたもので、防災士の資格取得を目指すおよそ160人が参加。講座では全国で実際に起きた……

▼愛媛新聞:日本防災士会県支部に 災害時の連絡手引き300冊など贈呈 公衆電話会愛媛支部
https://www.ehime-np.co.jp/article/news202209100033
(2022.09.10.)
 家族や知人と録音メッセージをやりとりできる「災害用伝言ダイヤル(171)」を知ってもらおうと、日本公衆電話会愛媛支部は10日、災害時の連絡方法に関する手引き300冊と、同ダイヤルを周知する……

▼読売新聞:京の町守る 防災士育む
https://www.yomiuri.co.jp/local/kyoto/news/20220908-OYTNT50146/
(2022.09.09.)
 地域防災のリーダー役を担う「防災士」を増やそうと、京都建築専門学校(上京区)が府内で初めて養成機関としての認証を受け11月に講座を開く。府内の防災士の数は都道府県別の人口比でワースト1位……

【企業・団体広報関連】

▼カインズ:日高市と「災害時における生活物資の供給協力に関する協定」を締結
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000247.000008255.html
(2022.09.12.)
 株式会社カインズ(埼玉県本庄市)は、9月12日に埼玉県日高市と「災害時における生活物資の供給協力に関する協定」を締結した。地震・風水害その他災害時に被災住民等を救助するための物資の供給等……

▼ウェザーニューズ:大規模災害に備える防災コンテンツを更に充実 停電リスクや河川氾濫の危険をスマホで確認
https://jp.weathernews.com/news/41216/
(2022.09.02.)
 株式会社ウェザーニューズは、お天気アプリの新バージョンをリリース、レーダー機能に「停電モード」を追加。近くの河川で氾濫の危険が高まった場合にプッシュ通知で知らせる「河川アラーム」を追加……

【防災ビズ】

【新刊/書評】

▼新泉社:新刊『災害と復興 天明三年浅間山大噴火』
https://www.shinsensha.com/books/4789/
(2022.03.30.)
 火山噴火の猛威と多方面にわたる甚大な災害。被災を乗り越え、語り継ぎ、復興する人びと──火山噴火・地震・集中豪雨などが頻発する日本列島で、自然災害にどう対処するのか。巨大噴火が巻き起こした……

【イベント/映画/動画/映像/展覧会】

▼スマートルーチェ:【初開催】9月16日「FOEX防災フェア 2022」
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000013.000084907.html
(2022.09.12.)
 日本最大級のオンラインEXPOを展開する「フラスコオンラインEXPO」は危機対策&アウトドア総合展online、環境のミライEXPO、未来経営EXPOの3つの展示会が連携して9月16日に……

▼危機管理産業展(RISCON TOKYO)事務局:「危機管理産業展(RISCON TOKYO)2022」10月5日~7日、東京ビッグサイト西1・2ホールにて開催 大幅出展増
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000067451.html
(2022.09.09.)
 18回目となる「危機管理産業展(RISCON TOKYO)2022」は「防災・減災」「BCP・事業リスク対策」「セキュリティ」の主要3分野が大幅に出展増、さらに、喫緊の課題をテーマにした併催企画……

▼キャンプ女子:防災キャンプ〜さわやか秋キャンプ×防災フェス in ちはや公園〜9月17日・18日https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000129.000046252.html
(2022.09.09.)
 キャンプ女子株式会社はキャンプと防災の先生としてイベントを9月17日・18日に開催する。地域みんなで考え取り組む防災キャンプに関するセミナー、キャンジョバンドによりミニライブも開催……

▼ J-Rights:「まちキャラパーク in KOBE 2022」10月1日開催
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000013.000059228.html
2022年9月7日 14時17分
 「まちキャラパーク」は、兵庫県のマスコットキャラクター はばタンを中心に、ご当地キャラクターや色々なキャラクターと楽しみながら学ぶ防災イベント。「避難所開設訓練」など楽しみながら……

■《Bosai Plus》第289号・2022年09月01日号(2022.08.15.~)
同P. 1(「もくじ」付き)へリンク

【官庁情報】

▼首相官邸:次世代原発の建設検討を指示 来夏以降17基再稼働
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA23DDG0T20C22A8000000/?n_cid=NMAIL007_20220824_H&unlock=1
(日本経済新聞:2022.08.24.)
 岸田文雄首相は24日午後に首相官邸で開くGX(グリーントランスフォーメーション)実行会議で次世代型の原子力発電所の開発・建設を検討するよう指示する。新増設は想定していないという方針を転換……

▼内閣府(防災担当):日本海溝・千島海溝沿いM9巨大地震への注意促す情報の名称 5案提示
https://news.yahoo.co.jp/articles/361e4a5429282f3f882916ff7096978c8f576665
(TBSテレビ:2022.08.26.)
 北海道から岩手県にかけての太平洋沖でM7クラス以上の地震が発生した場合に、政府が発表を予定しているM9クラスの超巨大地震への注意を促す情報の名称について、内閣府が5つの案を示した……(日本海溝・千島海溝沿いの後発地震への注意を促す情報発信に関する検討会)
https://www.bousai.go.jp/jishin/nihonkaiko_chishima/kohatsu/index.html

▼国土交通省:2021年の水害被害額は全国で約3700億円
https://www.mlit.go.jp/report/press/mizukokudo03_hh_001133.html
(2022.08.31.)
 国土交通省では1961年より水害(洪水、内水、高潮、津波、土石流、地すべり等)による被害額等(建物被害額等の直接的な物的被害額等)を暦年単位でとりまとめている。2021年水害被害額(暫定値)……

▼国土交通省:釧路に機動救難士配置へ
https://digital.asahi.com/articles/DA3S15397793.html
(朝日新聞:2022.08.26.)
 北海道・知床半島沖で観光船「KAZU1(カズワン)」が沈没した事故を受け、国土交通省と海上保安庁は25日、小型観光船の救命いかだの導入費補助や釧路への機動救難士の新規配置など再発防止に向け……

▼国土交通省:ワンコイン浸水センサ実証実験開始~官民連携による浸水状況の把握に向けて~
https://www.mlit.go.jp/report/press/mizukokudo03_hh_001132.html
(2022.08.25.)
 国土交通省では、浸水の危険性がある地域に浸水センサを多数設置し、リアルタイムに状況を把握する実証実験を官民連携により行っている。モデル地区の一つである美波町(徳島県)で、浸水センサの設置……

▼気象庁:東南海ケーブル式常時海底地震観測システムの緊急地震速報への活用再開
https://www.jma.go.jp/jma/press/2208/26a/20220826_OBS_shougai.html
(2022.08.26.)
 障害に伴い緊急地震速報での活用を停止していた東南海ケーブル式常時海底地震観測システムについて、正常動作を確認出来た観測点の活用を再開した。8月15日02時40分頃から、同地震観測システム……

▼気象庁:地震防災及び地震情報等の高度利用に関する気象庁・東海旅客鉄道株式会社・公益財団法人鉄道総合技術研究所による産学官連携
https://www.jma.go.jp/jma/press/2208/25a/220825_CJRC-RTRI-joint-research.html
(2022.08.25.)
 気象庁、東海旅客鉄道株式会社、公益財団法人鉄道総合技術研究所の3者は、災害の予防、交通の安全の確保に寄与するよう、産学官による地震防災及び地震情報等の高度利用に関する研究協力を進める……

▼気象庁:噴火予知連に3検討会 研究注力狙い再編案
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022082400562&g=soc
(時事通信:2022.08.24.)
 気象庁の火山噴火予知連絡会の作業部会は24日、本会議と一部の火山ごとに部会などを設置している現行体制を、3つの検討会に再編することを柱とした提言を公表した。火山学者らが噴火に備えた研究に……(気象庁:火山噴火予知連絡会のあり方について)
https://www.jma.go.jp/jma/press/2208/24a/yochiren20220824.html

▼気象庁:警報級の高潮となる可能性を5日前からお知らせ~高潮に関する早期注意情報の運用開始~
https://www.jma.go.jp/jma/press/2208/23a/takashiosouki_20220823.html
(2022.08.23.)
 今般、高潮予測技術の改善により、台風に伴う高潮予測の精度が向上したこと及び台風以外の要因による高潮も含め警報級の高潮となる可能性をより具体的に評価することが可能となったことから……

▼気象庁:海徳海山に噴火警報(周辺海域)を発表
https://www.jma.go.jp/jma/press/2208/23c/kaitokukaizan_20220823.html
(2022.08.23.)
 本日(23日)20時00分に海徳海山に噴火警報(周辺海域)を発表し、噴火予報(活火山であることに留意)から噴火警報(周辺海域)に引上げた。周辺海域では海底噴火に警戒が必要。海上保安庁が……

▼気象庁:6月末~7月初めの暑さは『異常気象』 専門家会合が見解
https://news.yahoo.co.jp/articles/04fb0556237fc85aa0ab0cf41d6c77b562d4fba9
(テレビ朝日:2022.08.22.)
 6月下旬から7月初めにかけて、全国で最高気温が40℃を超えるなどの記録更新が相次いだが、気象庁の専門家会合は異常気象とする見解を明らかにした。6月下旬から7月初めにかけて全国24地点で……(気象庁:6月下旬から7月初めの記録的な高温及びその後の天候の特徴と要因~異常気象分析検討会の分析結果の概要~)
https://www.jma.go.jp/jma/press/2208/22b/kentoukai20220822.html

▼気象庁:霧島山(新燃岳)の噴火警戒レベルを1へ引下げ
https://www.jma.go.jp/jma/press/2208/19a/kirishimayama_20220819.html
(2022.08.19.)
 19日11時00分に霧島山(新燃岳)の噴火警戒レベルを1(活火山であることに留意)に引き下げ。新燃岳火口周辺に影響を及ぼす噴火の可能性は低くなった。火山性地震が3月27日に多い状態となった……

▼気象庁:東南海ケーブル式常時海底地震観測システムの障害に伴う緊急地震速報への影響について
https://www.jma.go.jp/jma/press/2208/15a/20220815_OBS_shougai.html
(2022.08.15.)
 8月15日02時40分頃から、東南海ケーブル式常時海底地震観測システムで障害が発生。当該観測点の周辺を震源とする地震が発生した場合、緊急地震速報の発表が平常時より最大13秒程度遅くなる可能性……

【自治体情報】

▼北海道:「防災の日」を前に、19市町村で巨大地震に備える訓練…初めてドローン活用、警察署の機能移転も
https://news.yahoo.co.jp/articles/dd5a5fc2bb87d4e7287c0d417ba4c8fff75e8cc5
(HTB北海道ニュース:2022.08.27.)
 9月1日の「防災の日」を前に、巨大地震に備える北海道防災総合訓練が19市町村の参加で行われている。北海道と関係機関で作る北海道防災会議が主催する訓練は、日本海溝・千島海溝沿いの巨大地震に……

▼宮城県名取市:土砂災害警戒情報等発表時の避難指示等の対象地域を明確にします
https://www.city.natori.miyagi.jp/soshiki/soumu/node_224/node_90361
(2022.08.24.)
 市は対象地域を限定した避難指示等の運用を9月1日から開始する。同一地域の住まいでも『避難が必要な人』と『必ずしも必要でない人』がいることを明確にし、避難が必要な人の避難行動を強く促す……

▼福島県北塩原村:福島・檜原湖に宿場町痕跡 明治期の噴火で沈む
https://www.sankei.com/article/20220826-GVHJVU7ABJP7NIEEACAEQ6OLNI/
(産経新聞:2022.08.26.)
 福島県会津地方にそびえる磐梯山が明治21(1888)年に山体崩壊を伴う噴火を起こした後、川がせき止められてできた檜原湖(北塩原村)に沈んだ宿場町「檜原宿」の痕跡が、海洋研究開発機構の……

▼神奈川県二宮町:絵本から育む災害意識 山西学童で防災講演
https://www.townnews.co.jp/0606/2022/08/26/639097.html
(タウンニュース:2022.08.26.)
 二宮町の山西学童で防災講演が実施され、学童の児童ら35人が参加した。東日本大震災から11年が経ち、当時の様子を知らない子どもたちに向けて災害について教え、防災意識を持ってもらおうと……

▼長野県王滝村・木曽町:御嶽山の噴火災害 記憶と教訓伝えるビジターセンター開館
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220827/k10013790901000.html
(NHKニュース:2022.08.27.)
 死者・行方不明者が63人に上った御嶽山の噴火災害の記憶を伝えるビジターセンターが27日、長野県の王滝村と木曽町に開館した。御嶽山のビジターセンターは死者・行方不明者が63人に上った8年前の……

【報道クリップ】

▼朝日新聞:空白11年、双葉は何もかも変わった 「復興拠点」避難指示を解除
https://digital.asahi.com/articles/DA3S15401340.html
(2022.08.30.)
 東京電力福島第一原発の事故で11年半、誰も故郷に戻れなかった福島県双葉町。原発が立地し、町の大半は放射線量が高い帰還困難区域だったがその一部で30日に避難指示が解除された。ただ、かつての……

▼南日本放送:桜島最高のレベル5から1カ月 火山防災協議会・噴火警戒レベルのあり方は
https://www.mbc.co.jp/news/article/2022082500058791.html
(2022.08.25.)
 今回、市の避難指示発表が1時間半ずれ込み、協議会での連携不足も浮き彫りになった。専門家は噴火予知に限界がある中、気象台などに頼り切るのではなく、自治体の覚悟が重要と指摘する……

▼朝日新聞:原発回帰、前のめり 「依存減らす」一転、「建設」議論へ
https://digital.asahi.com/articles/DA3S15396787.html
(2022.08.25.)
 政府は東京電力福島第一原発の事故後の原子力政策を転換させる方針を明確にした。24日のGX実行会議で「政治決断」の名の下に、岸田文雄首相がかじを切った。参院選から1カ月。原発の新増設や……

▼朝日新聞:美浜3号機、またトラブル
https://digital.asahi.com/articles/DA3S15396758.html
(2022.08.25.)
 定期検査中に水漏れが見つかり運転再開を延期している関西電力の美浜原発3号機(福井県)で21日に再びトラブルが起きていたことがわかった。関電は原子力規制委員会に提出した検査報告書で……

▼日本経済新聞:原子力規制委に政治圧力 安全確保と活用、両立課題
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA246ZZ0U2A520C2000000/?unlock=1
(2022.08.19.)
 政府・自民党が原子力発電所の安全規制を担う原子力規制委員会への圧力を強めている。自民党は審査「遅延」を指摘、岸田文雄首相は「合理化」を訴える。東京電力福島第1原発事故後、再稼働が進まない……

▼共同通信:噴火避難促進施設、43%未指定 火山警戒地域の市町村https://nordot.app/932551831371104256?c=39546741839462401
(2022.08.17.)
 火山災害警戒地域がある市町村の43%に当たる87自治体が今年3月末時点で、ホテルや山小屋などに避難計画策定を義務付ける「避難促進施設」を未指定であることが分かった。噴火で被害の及ぶ恐れ……

▼朝日新聞:再生へ、要件緩和検討 老朽マンション、建て替え進まず 5分の4の合意で売却
https://digital.asahi.com/articles/DA3S15389729.html
(2022.08.17.)
 大都市を中心に林立するマンションの老朽化が深刻になっている。築40年以上の物件は、10年後には倍以上に増える見込み。売却や建て替えを円滑に進めるため国は制度改正を重ねているが、ハードルは……

▼朝日新聞:サザン名曲の稲村ガ崎、無残な光景に 名前どころか砂も消した温暖化
https://digital.asahi.com/articles/ASQ8J5KB6Q8BULBH008.html?ref=mor_mail_topix2_20220817
(2022.08.16.)
 開発に加え、地球温暖化により、各地で砂浜が消えていく――。ツバルやモルディブなど南の島だけのできごとではない。国内でも心配されていることだ。あの映画の舞台となった砂浜では今、見るも無残な……

【海外情報】

▼AFPBB:パキスタンの洪水「史上最悪」 被災者支援急ぐ
https://www.afpbb.com/articles/-/3421386
(2022.08.31.)
(AFP=時事)パキスタン国土の3分の1が水没し、死者が1100人を超えるなど深刻な被害が出ている洪水について、シャバズ・シャリフ首相は30日、「パキスタン史上最悪」のものだとし、各地で破損した……

【周年災害】

【市民防災】

▼防災ログ:いざというときに公衆電話、使えますか?
https://bousailog.com/news/20220826/
(2022.08.26.)
 今年7月に発生した大規模な通信障害により、全国の利用者や気象データ配信などへ大きな影響が広がったのは記憶に新しいところ。連絡を取ろうとしてまちなかの公衆電話を探した人も多かったのでは……

【防災士関連】

▼中日新聞:防災士の活用を 浜松で宮城の菅原さん講演
https://www.chunichi.co.jp/article/534361?rct=h_shizuoka
(2022.08.28.)
 東日本大震災の記憶を伝えようと、被災地に咲いた菊の花を各地で育ててもらう「アイリンブループロジェクト」代表の菅原淳一さん(58)=宮城県利府町=の講演会が浜松市中区の市防災学習センターで……

▼京都建築専門学校:京都府初 「防災士」養成機関としての認証 建築の基礎と伝統を学びながら、地域防災の担い手を育成
https://www.atpress.ne.jp/news/323214
(2022.08.26.)
 学校法人京都建築学園の京都建築専門学校(京都市)は建築について学ぶだけでなく、その建物や地域の安全を守るために「防災士」を養成するための機関として、京都府で初めて認定された……

【企業・団体広報関連】

▼220826_セコム:災害時にスマホ以外の連絡手段、95%が「ない」――セコムの防災意識調査
https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1434848.html
(ケータイWatch:2022.08.26.)
 セコムは、全国の20歳以上の男女500人を対象にインターネット上で「防災に関する意識調査」を実施。「災害時にスマートフォンや携帯電話などの通話機能が使えなくなった場合、代替の連絡手段が……

▼温泉道場:昭和レトロな温泉銭湯 玉川温泉が防災の日に合わせて「土嚢づくり」などのイベント
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000503.000034897.html
(2022.08.25.)
 ​株式会社温泉道場(埼玉県ときがわ町)が運営する日帰り温泉、昭和レトロな温泉銭湯 ⽟川温泉は、9月1日の「防災の日」に合わせて、防災に関するイベントを開催する。ときがわ町では大雨により各所で……

▼アスクル:全国の仕事場におけるニーズを探る「職場の防災への意識や準備・対策」に関する実態調査<前編>
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000308.000021550.html
(2022.08.23.)
 アスクル株式会社(東京都江東区)は、事業所向け(BtoB)サービス「ASKUL」に登録している事業所を対象に実施した「職場の防災への意識や準備・対策」に関する調査結果を「前編・後編」に分けて……

▼TOSEI:防災週間にTOSEIコインランドリー店舗で防災グッズ「真空パック」サービスを提供
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000016.000044726.html
(2022.08.17.)
 株式会社TOSEIは、8月30日~9月5日の防災週間に、コインランドリー店舗「TOSEI Laundry 東中野店」にて、無料で自宅の布団、衣類、靴などを「真空パック」し、水害や地震などに対する防災意識……

【防災ビズ】

▼フジテック:高層建物向けエレベータの新たな地震対策機能を開発
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000031.000046269.html
(2022.08.18.)
 フジテック株式会社(滋賀県彦根市)は高層ビルや高層マンションを対象としたエレベータの地震対策として、測域センサーを用いた新たな長周期地震時管制運転を開発した。エレベータが地震の揺れを感知……

【新刊/書評】

▼朝日新聞:(書評)『富士山はいつ噴火するのか? 火山のしくみとその不思議』 萬年一剛〈著〉
https://digital.asahi.com/articles/DA3S15398826.html
(2022.08.27.)
 前回の噴火から300年以上たった。「次」がいつ来てもおかしくないが、いつかはわからない。そんなファジーな状況をわかりやすく解きほぐした1冊だ。地球の表面を覆う「プレート(岩板)」と……

▼新泉社:新刊『災害と復興 天明三年浅間山大噴火』
https://www.shinsensha.com/books/4789/
(2022.03.30.)
 火山噴火の猛威と多方面にわたる甚大な災害。被災を乗り越え、語り継ぎ、復興する人びと──火山噴火・地震・集中豪雨などが頻発する日本列島で、自然災害にどう対処するのか。巨大噴火が巻き起こした……

■《Bosai Plus》第288号・2022年08月15日号(2022.08.01.~)
同P. 1(「もくじ」付き)へリンク

【官庁情報】

▼国土交通省:本省災害査定官を派遣し、被災した河川・道路等の迅速な復旧を支援~2022年8月3日からの大雨の災害緊急調査を実施~
https://www.mlit.go.jp/report/press/mizukokudo06_hh_000223.html
(2022.08.08.)
 2022年8月3日からの大雨について被害状況を迅速かつ的確に把握するとともに、被災した公共土木施設に対する応急措置や復旧工法等の技術的な助言・指導のため、国土交通本省災害査定官を山形県に派遣……

▼国土交通省:5県で17河川が氾濫、土石流も 大雨被害まとめ
https://news.yahoo.co.jp/articles/959edaae92d6380e659a025e4366964424e818f8
(共同通信:2022.08.04.)
 国土交通省は大雨に伴う4日午後3時半現在の被害状況をまとめ、5県の計17河川で氾濫が起きたと発表した。土砂災害も4県で計11件発生。新潟県村上市小岩内地区では土石流により家屋に被害が出ている……

▼気象庁:台風8号発生、13日に東日本に接近 警報級の大雨の恐れ
https://news.yahoo.co.jp/articles/3d021c3adc7beefb9fdaf469619ccd77c50e04a1
(毎日新聞:2022.08.12.)
 12日午前3時、日本の南側で熱帯低気圧が台風8号に。中心の気圧は1004ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18m、最大瞬間風速は25mで、ゆっくりと北に進んでいる。13日に東日本にかなり接近……

▼気象庁:2022年8月11日00時53分頃の宗谷地方北部の地震
https://www.jma.go.jp/jma/press/2208/11a/202208110250.html
(2022.08.11.)
 発生時刻:8月11日00時53分、M5.4(暫定値)、震源:宗谷地方北部 深さ4㎞(暫定値)、発震機構:東西方向に圧力軸を持つ逆断層型、最大震度5強:北海道の中川町、北海道で震度4~1を観測……

▼気象庁:東北北部、大雨警戒続く 前線が停滞
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022081000241&g=soc
(時事通信:2022.08.10.)
 東北地方北部と北海道南部では10日も津軽海峡付近に停滞する前線の影響で雨が降った。青森、秋田両県では断続的に雨が強まり日本海側の一部で引き続き土砂災害警戒情報が。前線は今後1週間程度停滞……

▼気象庁:新潟県に大雨特別警報発表
https://www.jma.go.jp/jma/press/2208/04a/20220804.html
(2022.08.04.)
 新潟県の市町村に大雨特別警報を発表した。これまでに経験したことのないような大雨となっている。特に土砂災害警戒区域や浸水想定区域などでは、何らかの災害がすでに発生している可能性が極めて高く……

▼気象庁:山形県に大雨特別警報発表
https://www.jma.go.jp/jma/press/2208/03b/20220803.html
(2022.08.03.)
 山形県の市町に大雨特別警報を発表した。これまでに経験したことのないような大雨となっている。特に土砂災害警戒区域や浸水想定区域などでは、何らかの災害がすでに発生している可能性が極めて高く……

【自治体情報】

▼北海道厚真町:巨大地震と津波に備え 総合防災訓練
http://www.hokkaido-nl.jp/article/26131
(苫小牧民報:2022.08.08.)
 巨大地震と津波を想定した厚真町総合防災訓練(実動訓練)が7日、上厚真小学校をメイン会場に行われた。家族連れなど町民42世帯80人が避難を体験。段ボールベッドや簡易トイレの設置など避難所運営……

▼岩手県二戸市:避難所にもなる新施設 大学生たちが防災学ぶ
https://www3.nhk.or.jp/lnews/morioka/20220810/6040015156.html
(NHKニュース:2022.08.10.)
 二戸市にことしオープンした避難所としての機能を備えたコミュニティセンターを、救急救命士や防災士をめざす大学生たちが見学した。二戸駅前にことし4月にオープンした会議室などを備えた施設で……

▼岩手県野田村:防災マップ配布など対策強化 津波浸水想定で説明会
https://nordot.app/928756173028687872?c=39546741839462401
(デーリー東北:2022.08.07.)
 岩手県が3月に公表した最大クラスの津波浸水想定を受け、野田村は6日、村内2カ所で住民説明会を開き、地震発生から30分以内に指定場所へ避難するよう呼びかけた。下安家地区コミュニティセンター……

▼福島市:大規模停電「ブラックアウト」想定の夜の防災訓練
https://www.fukushima-tv.co.jp/localnews/2022/08/2022080600000010.html
(福島テレビ:2022.08.06.)
 訓練は震度6弱の地震が発生し市の中心部で大規模停電、「ブラックアウト」が起きた想定で行われた。電気自動車を使った電力供給では車1台あたり照明や扇風機、避難者の携帯の充電など1日分の電力を……

▼富山市:防災への意識を高めて…子ども達が消防士を体験「防災フェスティバル」 地震の怖さも体感
https://news.yahoo.co.jp/articles/a0d743796206006dfdc9ff8b0208f6c1521060ea
(富山テレビ:2022.08.11.)
 防災への意識を高めてもらおうと、子ども達が消防士を体験するイベントが11日、富山市で開かれた。広域消防防災センターで開かれた「防災フェスティバル」。ヘルメットをかぶった子ども達が行列を……

▼和歌山県:10県知事会議 南海トラフ地震対策の充実強化に関する提言書を提出
https://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/011400/10kenchijikaigi.html
(2022.08.04.)
 和歌山県知事が代表世話人の「南海トラフ地震による超広域災害への備えを強力に進める10県知事会議」(静岡県、愛知県、三重県、和歌山県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、大分県、宮崎県)は……

▼和歌山県みなべ町:県内最大級の備蓄倉庫建設へ 防災拠点エリアに
https://news.yahoo.co.jp/articles/5dfb725e3250b99c377f0a51fa9298790343a7cb
(紀伊民報:2022.08.09.)
 和歌山県みなべ町の南道と東吉田にまたがる防災拠点エリアに本年度、県内で最大級の備蓄倉庫が建設される。1次避難所や福祉避難所として800人以上の収容が可能な「みなべ愛之園こども園」に続く施設……

▼福岡県北九州市:北九州市の旦過市場で再び大規模火災
https://news.yahoo.co.jp/articles/b0e8fdfacfc6f14b3740302d166bfe46db69744d
(FBS福岡放送:2022.08.11.)
 北九州市小倉北区の旦過市場で再び発生した大規模な火災について、10日夜からの動きを振り返る。「旦過市場で、また火災建物からは火が、破裂音も聞こえます」。10日午後9時前、ことし4月に……

▼佐賀市:「災害時に必要な物は?」 佐賀市で親子防災体験教室 非常持ち出し袋など学ぶ
https://www.saga-s.co.jp/articles/-/899570
(佐賀新聞:2022.08.10.)
 親子防災体験教室(佐賀県建設業協会など主催)が10日、佐賀市のアバンセで開かれ、8組19人の親子が災害時の備えや人命救助などについて学んだ。家族ごとに災害時用の「非常持ち出し袋」の中に……

▼熊本県:河川整備計画を策定 川辺川のダム建設本格化 球磨川水系
https://digital.asahi.com/articles/DA3S15383174.html
(朝日新聞:2022.08.10.)
 国土交通省と熊本県は9日、川辺川への流水型ダム建設を含む「球磨川水系河川整備計画」を策定し、発表した。国は2027年度にもダム本体の基礎掘削工事に入ることを目標に、今年度からダム本体の設計……

【報道クリップ】

▼ウェザーニュース:台風8号 静岡県伊豆半島に上陸 4号に続いて今年2つめ
https://news.yahoo.co.jp/articles/8d898dea3aa02d7c5ee96d423b1090162ade7adc
(2022.08.13.)
 台風8号(メアリー)は8月13日、17時半頃に静岡県伊豆半島に上陸した。台風の上陸は7月5日の台風4号に続いて今年2つめ。静岡県に台風が上陸するのは2019年19号(伊豆半島)以来、3年ぶりと……

▼朝日新聞:川辺川ダム、異論のなか復活 「命も清流も守る」流水型、20年の豪雨きっかけ
https://digital.asahi.com/articles/DA3S15381027.html
(2022.08.07.)
 熊本県南部を流れる球磨川支流の川辺川にダムを作る河川整備計画づくりが大詰めを迎えている。2年前の球磨川氾濫で、「ダムによらない治水」を掲げてきた蒲島郁夫知事が治水専用の流水型ダム容認に……

▼朝日新聞:除染土再利用の実証事業、福島県外でも実施へ
https://digital.asahi.com/articles/DA3S15377645.html
(2022.08.04.)
 環境省は3日、東京電力福島第一原発事故で出た除染土を駐車場や花壇に再利用する実証事業を、年度内に福島県外で初めて行う方針を示した。国は除染土を2045年までに県外で最終処分する方針で……

▼朝日新聞:処理水放出、設備着工へ 来春完成、ずれ込む可能性も
https://digital.asahi.com/articles/DA3S15377644.html
(2022.08.04.)
 東京電力福島第一原発の処理水の海洋放出をめぐり、東電は放水に必要な海底トンネルなど設備の工事を4日から始めると発表。来年春までの完成をめざすが、悪天候などで工事が順調に進まなかった場合……

▼産経新聞:美浜3号機、運転再開延期へ 原子炉建屋で水漏れ
https://www.sankei.com/article/20220803-DTKS5KYOR5KWHC7KTAMORVSGKA/?619649
(2022.08.03.)
 関西電力は3日、運転開始40年を超えて再稼働しその後停止した美浜原発3号機(福井県美浜町)を巡り、1日に建屋内で発生した水漏れへの対応のため、10日に予定していた運転再開が遅れると明らかに……

▼ウェザーニュース:青森・秋田で線状降水帯による大雨 災害発生に厳重警戒
https://news.yahoo.co.jp/articles/133b4c444a1d4c9f55e6fef7e06e923d7b6d76ba
(2022.08.03.)
 青森地方気象台は今日3日(水)7時59分に、津軽で線状降水帯による非常に激しい雨が同じ場所で降り続いているとして「顕著な大雨に関する情報」を発表した。秋田地方気象台も続いて8時29分に同情報を……

▼NHKニュース:桜島の噴火情報発信めぐり 鹿児島市が気象台などと議論へ
https://www3.nhk.or.jp/lnews/kagoshima/20220801/5050019783.html
(2022.08.01.)
 先月鹿児島県の桜島で噴火警戒レベルが最高のレベル5に引き上げられた際の情報発信をめぐって、鹿児島市は誤解を招いた部分はなかったか、気象台などと議論していくことになった。鹿児島市議会では……

▼読売新聞:前兆あっても「いつ噴火」は予測困難…「1年に何度も避難呼びかけ、合理的でない」
https://www.yomiuri.co.jp/science/20220801-OYT1T50121/
(2022.08.01.)
 気象庁の「噴火警戒レベル」の引き上げの難しさが浮き彫りになった噴火や司法判断が先月、相次いだ。同庁は桜島(鹿児島県)の噴火の規模を予測できず、住民は夜中の避難を強いられた。一方、御嶽山……

▼朝日新聞:鳥居倒壊、防ぐには 建築基準、自治体まかせ 安全確保へ「全国統一を」
https://digital.asahi.com/articles/DA3S15374105.html
(2022.08.01.)
 大きな地震で神社の鳥居が倒壊する事例が相次いでいる。耐震性の「担保」となるのが建築基準法だが、鳥居については明文化されておらず、法を適用するかどうかの判断は自治体に委ねられる。朝日新聞が……

【海外情報】

▼時事通信:大雨で9人死亡、6人不明 半地下住宅被害―韓国首都圏
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022080900254&g=int
(2022.08.09.)
 韓国でソウル首都圏を中心とした地域が、8日から記録的大雨に見舞われている。韓国政府はソウルおよび隣接する京畿道などで計9人が死亡、6人が行方不明となったと発表。繁華街のある江南地区など……

【周年災害】

▼産経新聞:日航機墜落37年、当時知る社員2% 教訓どう引き継ぐ
https://news.yahoo.co.jp/articles/e915998d175beaa44db4b350ce9a9049ab319344
(2022.08.11.)
 背もたれが裂け湾曲した座席、墜落時刻の午後6時56分を指したまま止まった腕時計-。東京・羽田空港近くにある日本航空の「安全啓発センター」には日航ジャンボ機墜落事故の機体の残骸や乗客の遺品が……

▼上毛新聞:浅間山大噴火二百四十回忌 群馬・嬬恋、長野原で式典 未曾有の災害、継承決意
https://www.jomo-news.co.jp/articles/-/156493
(2022.08.06.)
 1783(天明3)年の浅間山大噴火から二百四十回忌を迎え、甚大な被害があった嬬恋村と長野原町で5日、それぞれ追悼式典が開かれた。地元住民や関係者が犠牲者や復興に尽力した先人に思いをはせ……

玄倉川水難事故から23年 1999年8月14日

【市民防災】

▼朝日新聞:「もしも」を「いつも」に 保存食・コンロ活用、災害時と境なくす
https://digital.asahi.com/articles/DA3S15374142.html
(2022.08.01.)
 災害にうまく備えている家がある――。そんな話を聞き埼玉県越谷市にある1級建築士の松山千晶さん(51)の自宅を訪れた。物置にはコメや水などがずらり。保存食はカップスープなど普段から食べるもの……

【防災士関連】

▼NHKニュース:防災士めざす中学生対象に講座
https://www3.nhk.or.jp/lnews/kochi/20220813/8010015527.html
(2022.08.13.)
 南海トラフ巨大地震などに備えて地域の防災力を高めようと、高知県南国市で防災士を目指す中学生を対象にした講座が開かれた。将来の地域防災を担う若者を育成しようと南国市が初めて開いたもので……

▼宮崎放送:都城で外国人を対象にした防災勉強会 防災士講師も
https://news.yahoo.co.jp/articles/98a8220f64d2a1e329af5c73116217c19cb841a6
(2022.08.07.)
 外国人を対象にした地震の備えについて学ぶ防災勉強会が都城市で開かれた。都城市内の企業で働く外国人を対象に日本語教室を開いている一般社団法人「霧島山麓活性化人材育成協会」が初めて開いたもの……

▼NHKニュース:防災士会とNHK千葉が協定 防災・減災取組みで連携
https://www.nhk.or.jp/shutoken/chiba/article/004/94/
(2022.08.04.)
 日本防災士会千葉県支部とNHK千葉放送局は県内の防災・減災への取組みや災害時の情報共有を連携して進めるため、新たに協定を結んだ。日本防災士会千葉県支部の馬場内則子支部長とNHK千葉放送局……

【企業・団体広報関連】

▼Edafos:衛星データ(SAR)で、液状化など地震被害箇所を抽出
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000079755.html
(2022.08.10.)
 衛星データによる地盤変動監視サービスを展開するEdafos株式会社(東京都豊島区)は、2018年北海道胆振東部地震(M6.7、最大震度7)による被害箇所を独自手法でノイズを低減しつつ被害箇所を抽出……

▼全社協:2022年8月3日からの大雨(第4報)7県14か所で災害ボランティアセンター開設(8月8日現在)
https://www.saigaivc.com/20220808/
(2022.08.08.)
 8月3日からの大雨により8日現在、青森県、岩手県、秋田県、山形県、新潟県、石川県、福井県の7県で14か所の災害ボランティアセンターが開設。ボランティア募集範囲は変化している。最新情報を確認……

▼応用地質:葉山町と土砂災害から住民を守る新たな防災システム構築に向けた連携協定を締結
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000054.000047274.html
(2022.08.04.)
 応用地質株式会社 (東京都千代田区)は、土砂災害から住民を守る新たな防災システムの構築を目的に、神奈川県葉山町と連携協定を締結、実証研究を開始する。応用地質が開発した「斜面変動検知センサ」……

▼災害時緊急支援プラットフォーム:IT業界を中心とした災害支援ボランティア制度発足
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000059438.html
(2022.08.01.)
 IT業界を中心として災害時におけるヒト・モノ・カネのラストワンマイルを民間の力(共助)により解決する「一般社団法人 災害時緊急支援プラットフォームが「災害支援ボランティア制度」を正式に発足……

▼Laspy:防災備蓄プラットフォーム「あんしんストック」による街づくりの実証実験を開始
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000092071.html
(2022.08.01.)
 株式会社Laspy(東京都中央区)は防災備蓄プラットフォーム「あんしんストック」を東京ダイヤビルディング1号館(東京都中央区新川)で実証実験を行い、災害発生時の「自助・共助」の機能を向上……

【防災ビズ】

【新刊/書評】

▼朝日新聞:(書評)『暴れ川と生きる 筑後川流域の生活史』 澤宮優〈著〉
https://digital.asahi.com/articles/DA3S15357942.html
(2022.07.16.)
 九州最大の河川である筑後川は、「筑紫次郎」という別名を持つ。「坂東太郎」と呼ばれる利根川、「四国三郎」との別名を持つ吉野川と並んで、暴れ川の三兄弟とされる大河だ。阿蘇と久住を源流に数多く……

■《Bosai Plus》第287号・2022年08月01日号(2022.07.15.~)
同P. 1(「もくじ」付き)へリンク

【官庁情報】

▼国土交通省:津波防災地域づくりをパッケージで支援 ~防災・安全交付金等 2022年度当初予算で実施される津波対策~
https://www.mlit.go.jp/report/press/sabo02_hh_000129.html
(2022.07.19.)
2022年度当初予算の防災・安全交付金等を活用して、ハード・ソフトをパッケージとして効果的に実施される津波防災地域づくりの事例を紹介。国土交通省では「津波防災地域づくり」を一層推進するため……

▼気象庁:口永良部島の噴火警戒レベルを2へ引上げ
https://www.jma.go.jp/jma/press/2207/31a/kuchinoerabujima_20220731.html?167
(2022.07.31.)
 本日(31日)06時40分に口永良部島の噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)に引き上げた。口永良部島では、山体を震源とする火山性地震が昨日(30日)12時過ぎから増加しており、火山活動が高まって……

▼気象庁:桜島の噴火警戒レベルを3へ引下げ
https://www.jma.go.jp/jma/press/2207/27d/sakurajima_20220727.html
(2022.07.27.)
 本日(27日)20時00分に桜島の噴火警戒レベルを3(入山規制)に引き下げた。桜島では南岳山頂火口及び昭和火口から2kmを超える範囲に影響を及ぼす噴火が発生する可能性は低くなった……

▼気象庁:鶴見岳・伽藍岳の噴火警戒レベルを1へ引下げ
https://www.jma.go.jp/jma/press/2207/27b/garandake_20220727.html
(2022.07.27.)
 本日(27日)11時00分に鶴見岳・伽藍岳(つるみだけ・がらんだけ)の噴火警戒レベルを1(活火山であることに留意)に引き下げた。伽藍岳では火口周辺に影響を及ぼす噴火の可能性は低くなった……

▼気象庁:津波注意報、発表へ 噴火の気圧で潮位上昇
https://digital.asahi.com/articles/DA3S15370527.html
(朝日新聞:2022.07.28.)
 気象庁は27日、火山噴火で起きた気圧の波で、国内でも気圧変化が生じて潮位の上昇が観測されれば、潮位の変化が基準未満でも津波注意報を発表すると公表した。今年1月のトンガ諸島海底火山噴火で……

▼気象庁:桜島の噴火警戒レベルを5へ引上げ
https://www.jma.go.jp/jma/press/2207/24a/sakurajima_20220724.html
(2022.07.24.)
 桜島では24日20時05分に爆発が発生、弾道を描いて飛散する大きな噴石が火口から約2.5kmまで達した。桜島の火山活動は非常に活発化。南岳山頂火口及び昭和火口から概ね3km以内の居住地域では……

▼気象庁:ヨーロッパ西部を中心とした顕著な高温について
https://www.data.jma.go.jp/gmd/cpd/monitor/extra/index.html
(2022.07.22.)
 ヨーロッパ西部を中心に、7月上旬から顕著な高温が続いている。スペイン南部のコルドバでは7月12日、13日に最高気温43.6℃、フランス南部のトゥールーズでは7月17日に最高気温39.4℃を観測……

▼総務省消防庁:搬送困難、過去2番目 コロナ疑いは最多
https://digital.asahi.com/articles/DA3S15369405.html?ref=mor_mail_newspaper_20220727
(朝日新聞:2022.07.27.)2022年7月27日 5時00分
 総務省消防庁は26日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で救急患者の搬送先がすぐ決まらない「救急搬送困難事案」について24日までの1週間に6035件あったと発表。前週と比べ1896件(46%)増……

▼厚生労働省:「サル痘」国内初感染の30代男性、6月下旬に欧州に渡航…発熱・頭痛・発疹
https://www.yomiuri.co.jp/national/20220725-OYT1T50191/
(読売新聞:2022.07.26.)
 厚生労働省は25日、天然痘に似た感染症「サル痘」の感染者が東京都内で確認されたと発表。感染者が国内で確認されるのは初めて。感染者は30歳代の男性。発熱、頭痛、発疹、 倦怠感の症状が……

▼防衛省:国内48の自衛隊施設で基準値を超えるPFAS検出 防衛省が調査公表、検出を正式に認める 海自那覇基地は7万倍
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1554429.html
(琉球新報:2022.07.23.)
 防衛省は全国の自衛隊施設の消火用水槽で実施した有機フッ素化合物(PFAS=ピーファス)の調査結果を公表。航空自衛隊那覇基地、海上自衛隊那覇航空基地、空自知念分屯基地を含む国内48施設……

▼原子力規制庁:歓送迎会クラスター、就任直後の次長ら核セキュリティ部門の17人感染
https://www.yomiuri.co.jp/national/20220728-OYT1T50103/?ref=webpush
(2022.07.28.)
 原子力規制庁で庁内の歓送迎会に伴う新型コロナウイルスのクラスター(感染集団)が発生していたことがわかった。規制庁次長を含む職員17人が感染し業務に支障が出ている。歓送迎会は庁内の人事異動……

▼原子力規制委員会:処理水放出計画を認可 規制委「安全性問題ない」 福島第一
https://digital.asahi.com/articles/DA3S15365807.html
(朝日新聞:2022.07.23.)
 東京電力福島第一原発の処理水の海洋放出について、原子力規制委員会は22日、審査書を正式決定し、東電の放出計画を認可した。計画では来春に海洋放出を始めるとしている。放出設備の工事の着工には……

【自治体情報】

▼北海道:巨大地震、死者想定増える
https://digital.asahi.com/articles/DA3S15371695.html
(朝日新聞:2022.07.29.)
 北海道から東北にかけての太平洋沖の巨大地震について、北海道は28日、日本海溝沿いで地震が発生した場合、道内死者数が最大14万9千人に上るとの想定を公表。昨年12月の国の想定より1万2千人増……

▼北海道釧路市:釧路市の幼稚園で防災講座 地震・津波から身を守る行動学ぶ
https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20220719/7000048734.html
(NHKニュース:2022.07.19.)
 地震や津波が発生したときに身を守る行動について幼稚園児に学んでもらう講座が19日、釧路市で。釧路地方気象台と北海道教育大学釧路校、NHK釧路放送局が開いたもので、釧路市のひぶな幼稚園の……

▼岩手県大船渡市:防災ゲームで避難を学ぶ 大船渡の夢海公園で
https://www.iwate-np.co.jp/article/2022/7/19/120794
(岩手日報:2022.07.19.)
 大船渡市大船渡町の夢海(ゆめみ)公園で17、18の両日、防災について考えるイベント「ソナエマチモリ2022」(キャッセン大船渡主催)が開かれ、訪れた人が催しを楽しみながら防災意識を高めた……

▼宮城県:地域防災の担い手に 高校生、避難所運営を机上で体験 県松島自然の家
https://kahoku.news/articles/20220727khn000017.html
(河北新報:2022.07.27.)
 県教委主催の「BEキャンプ~Bousai(防災)Bonds(きずな)Enjoy(楽しむ)Encounter(出会い)」が23、24の両日、東松島市宮戸の県松島自然の家であった。中高校生が地域との関わり方を……

▼茨城県笠間市:いばらき防災大学受講者募集
https://www.city.kasama.lg.jp/page/page013597.html
(2022.07.14.)
 防災について総合的、体系的に学び地域の防災リーダーとなる「防災士」を取得するために「いばらき防災大学」を開催。受講日程:第1日目:9月23日、第2日目:10月8日、第3日目:10月15日……

▼千葉県:カインズ「災害時の物資供給等に関する協定」を締結
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000234.000008255.html
(カインズ:2022.07.15.)
 株式会社カインズ(埼玉県本庄市)は、千葉県と「災害時の物資供給等に関する協定」を締結した。協定は、地震・風水害その他災害発生時に被災住民等を救助するための物資の調達及び、供給等について……

▼千葉県旭市:看護学部の学生たちが津波防災を学ぶ
https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20220721/1000082523.html
(NHKニュース:2022.07.21.)
 東日本大震災の津波などで16人が犠牲となった千葉県旭市で、看護学生たちが防災を学ぶ特別授業が開かれた。旭市に隣接する銚子市の千葉科学大学がことし初めて開き、看護学部の1年生20人が参加……

▼東京都:地震防災対策等の充実強化等 国への提案 
https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2022/07/21/07.html
(2022.07.21.)
 九都県市(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、横浜市、川崎市、千葉市、さいたま市、相模原市)は、首都圏における「地震防災対策等の充実強化」及び「国民保護の推進」に係る国への提案の実施……

▼山梨県:災害時の防災拠点 県が基本構想の見直しに着手
https://news.yahoo.co.jp/articles/002c3148e656b78032e146f4e4113906e28dd7db
(山梨放送:2022.07.27.)
 県防災拠点整備基本構想の見直しに関する検討会が27日、初めて開かれた。検討会には、防災や医療の専門家ら13人が集まった。県によると、従来の基本構想は2002年に策定されたもので、当時は……

▼山梨県富士吉田市:国の重文「富士山信仰」の資料集めた企画展
https://www3.nhk.or.jp/lnews/kofu/20220722/1040017464.html
(NHKニュース:2022.07.22.)
 国の重要文化財にも指定された「富士山信仰」に関する資料などを展示する企画展が富士吉田市で。富士吉田市が保管する「富士山信仰」に関する資料や用具がことし3月に国の重要文化財に指定された……

▼静岡県菊川市:避難所運営 最善策は 高校生がゲーム「HUG」体験
https://www.at-s.com/news/article/shizuoka/1098312.html
(静岡新聞:2022.07.24.)
 菊川文化会館アエルで「アエルこどもサマーフェスティバル」開催。初日は子育てサポーターぽれぽれによる防災イベント「パワフル・ジャンプきくがわ」が開かれ、高校生が避難所運営ゲームHUGを……

▼名古屋市:防災セミナーに愛知の高校生60人が参加 「家具を固定など できることから」福和伸夫名古屋大学名誉教授が講義
https://news.yahoo.co.jp/articles/33580e9ab029a54aaeddcd02f2adae7de961c0f4
(CBCテレビ:2022.07.22.)
 高校生が防災について学ぶセミナーが、名古屋大学で開かれた。この防災セミナーは、東海地震などの巨大地震に備え、若い人にも災害に対する知識を深めてもらおうと開かれたもので、今年で13年目……

▼福井県越前市:外国人たちが災害時に必要な知識を学ぶ防災講座
https://www3.nhk.or.jp/lnews/fukui/20220722/3050011850.html
(NHKニュース:2022.07.22.)
 越前市内に住む外国人たちが災害時に必要な知識を学ぶ防災講座が開かれた。市内に住む外国人にも災害時の情報発信役を担ってもらおうと、市内で暮らすブラジル人やベトナム人など13人が参加……

▼徳島県:「徳島県避難所快適トイレ・実践マニュアル」の策定
https://anshin.pref.tokushima.jp/docs/2022070800012/
(2022.07.14.)
 徳島県では災害時におけるトイレ問題について、快適なトイレ環境を目指す「徳島県災害時快適トイレ計画」を2017年に策定している。このほど「徳島県避難所快適トイレ・実践マニュアル」を策定……

▼徳島県美波町:津波から「逃げる」を支える 防災学ぶ大学院生が地域協力隊員に 
https://digital.asahi.com/articles/ASQ7N7DKFQ6SPTLC01L.html
(朝日新聞:2022.07.21.)
 津波から逃げ遅れる人をなくしたい――。兵庫県立大学大学院で防災・減災を研究する氏家里菜さんは今春、大学に籍を置いたまま徳島県美波町の地域おこし協力隊員に。南海トラフ地震で10m超の津波が……

【報道クリップ】

▼テレビ朝日:先週のコロナ新規感染者 日本が世界最多に
https://news.yahoo.co.jp/articles/e9f96bb62dfffa74365a46056673a77e5710fa85
(2022.07.28.)
 日本の先週の新型コロナウイルスの新規感染者が世界で最多となった。WHO=世界保健機関は27日、新型コロナウイルスの世界の感染状況に関する最新のレポートを公表。東アジアでは感染が拡大していて……

▼朝日新聞:群発地震、上昇した水に注目 火山ない地域、温泉湧く仕組みと酷似 石川で調査開始へ
https://digital.asahi.com/articles/DA3S15367993.html
(2022.07.26.)
 石川県や京都府で群発地震が続いている。一般的な地震と異なる原因のメカニズムとして注目されているのが、地下深くから上昇してきた水だ。火山のない地域に温泉が湧く仕組みと似ており、発生地に……

▼南日本放送:桜島南岳で噴煙2100m 警戒レベル5以降 6回目の噴火 鹿児島
https://news.yahoo.co.jp/articles/fc021a59a73d1498bab18f5a31d1b33ca804ff6b
(2022.07.25.)
 桜島の南岳山頂火口で25日午後8時39分に噴火が発生し、噴煙が火口から2100mの高さまで上がった。火山灰は火口から東の鹿屋市輝北方向に流され、26日午前3時までにやや多量の降灰が桜島で……

▼南日本新聞:「『ドン』と噴火音」「様子見えず不気味」「予兆なく驚き」島民緊張、深夜の避難 桜島噴火警戒レベル5
https://373news.com/_news/storyid/160098/
(2022.07.24.)
 24日午後8時5分ごろ、鹿児島市の桜島南岳が爆発し、警戒レベルが初めて5(避難)に。住民らは「予兆なく驚き」「様子が見えず不気味」と避難を急いだ。市は24日午後10時過ぎ、災害対策本部会議を……

▼仙台沿岸の津波被災地、広がる復興格差 現地再建地区の世帯数激減、荒廃続く
https://kahoku.news/articles/20220723khn000035.html
(2022.07.24.)
 仙台市沿岸の東日本大震災の津波被災地で「復興格差」が広がっている。現地再建となった若林区井土地区の世帯数は震災前の1割に減り、住宅跡地は荒廃したまま。一方、市が災害危険区域として土地を……

▼読売新聞:水害訴訟で異例の行政に賠償命令…鬼怒川の堤防決壊、一部住民に計3900万円
https://www.yomiuri.co.jp/national/20220722-OYT1T50227/
(2022.07.23.)
 茨城県常総市で2015年9月、豪雨で鬼怒川が氾濫し、浸水被害が起きたのは河川管理の不備が原因だとして、住民ら約30人が国に約3億5800万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が22日、水戸地裁で……

▼河北新報:3度の大規模水害「人災だ」 名蓋川決壊 大崎、かさ上げ手つかず
https://news.yahoo.co.jp/articles/9607f28ed8f654705f9619ccd4421a8779c390d8
(2022.07.18.)
 記録的な大雨で名蓋(なぶた)川が決壊し、広範囲で冠水した宮城県大崎市古川矢目(やのめ)地区では17日、住民が自宅の片付け作業を始めた。水が徐々に引き、堤防の決壊は少なくとも4カ所ある……

▼朝日新聞:熱海の土石流「盛り土の下から出た大量の水が引き金か」 静岡大など
https://digital.asahi.com/articles/ASQ7H6SBDQ7HUTPB001.html
(2022.07.16.)
 昨年7月に静岡県熱海市で起きた土石流について、起点とされる盛り土の下にあった地層のうち、以前の地滑り跡から大量の水がわき出て盛り土崩落の引き金になったとみられるとの調査結果を……

▼朝日新聞:津波想定、防波壁超す 浜岡原発、最大22.7m 中部電試算
https://digital.asahi.com/articles/DA3S15357961.html
(2022.07.16.)
 中部電力は、南海トラフ巨大地震が起きた際の浜岡原発(静岡県)の最大の津波の高さについて、すでに設置している防波壁(標高22m)を上回る22.7mとする試算結果を原子力規制委員会の審査会合で……

▼朝日新聞:九州の北部と南部を対象に初の線状降水帯予測情報 どう受け止めれば
https://digital.asahi.com/articles/ASQ7H4D1WQ7HTIPE00S.html
(2022.07.15.)
 短時間で集中的な豪雨をもたらす「線状降水帯」の予測情報が15日、初めて発表された。対象は九州北部と九州南部。15日夜から16日午前中にかけて、災害の危険度が急激に高まる可能性があるという……

▼朝日新聞:裁判長が質問した「馬鹿みたいじゃ…」 東電旧経営陣、法廷での主張
https://digital.asahi.com/articles/ASQ7D52BVQ76PLZU00X.html?ref=hiru_mail_topix1_20220716
(2022.07.13.)
 東京電力福島第一原発事故をめぐる株主代表訴訟では、旧経営陣が役職に応じた役割、注意義務を果たしていたかどうかが問われた。事故前、5人の被告はいずれも、高さ10mの敷地を超える大津波の情報に……

▼秋田朝日放送:秋田焼山で有毒ガス 登山道の一部を通行禁止に
https://news.yahoo.co.jp/articles/5c59845c915e38bfaea60e9f2307979b42c7117b
(2022.07.13.)
 秋田焼山で高い濃度の火山ガスが出ていて登山道の一部が通行禁止に。仙北市と鹿角市にまたがる秋田焼山の登山道周辺で先月ササが枯れているのが見つかり致死量の数十倍にあたる高い濃度の硫化水素が……

【海外情報】

▼AFPBB:フィリピン地震、死者5人に 土砂災害多発、建物損壊
https://news.yahoo.co.jp/articles/48e146f4f0967f5fc33330305dc9a42ff1b22515
(2022.07.28.)
 フィリピン北部で27日に起きたマグニチュード(M)7.0の地震で、地元警察によると死者は少なくとも5人になった。地震はルソン島の山岳地帯にあるアブラ州で発生。震源は浅く、数十か所で土砂災害が……

▼時事通信:ドイツとチェコで大規模森林火災 住民避難、鎮火に「数週間」
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022072700921&g=int
(2022.07.27.)
 ドイツ東部各地やチェコで25日ごろから大規模な森林火災が発生し、27日午前(日本時間同日午後)時点でもヘリコプターや救助隊数百人を動員した消火活動が続く。現場の独東部ブランデンブルク州……

▼AFPBB:WHO、サル痘で緊急事態宣言
https://news.yahoo.co.jp/articles/9e94fb43a0d978a368a51ced468ce8a7afdaa0ed
(2022.07.24.)
 世界保健機関(WHO)は23日、感染が拡大しているサル痘について、最高度の警告である「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」を宣言した。米疾病対策センター(CDC)が22日に発表した集計……

▼テレビ朝日:欧米襲う「記録的熱波」…米国“異常暑さ”対策に3200億円 中国でも猛威 四川省43℃
https://news.yahoo.co.jp/articles/1bf20e0d52dabceefebf241cc3485606b7ca6663
(2022.07.22.)
 欧米を襲う熱波により、各国で大規模な山火事が発生している。さらに熱波の影響は、中国にも及んでいる。スペイン人:「これはなんだ。これはすごい。ああ、主よ。すべてが燃やされ、破壊されました」……

【周年災害】

▼長崎新聞:継承へ 忍び寄る「風化」 長崎大水害から40年
https://news.yahoo.co.jp/articles/6379132f45a729970cfb773e91c25913d1e32ba5
(2022.07.22.)
 雨は降り続け、浸水状況は刻々と変化する。誰を最初に避難させる? おじいちゃん? 幼い弟? 班別に、災害時の行動をシミュレーションする生徒たち。表情はみな真剣だ。長崎市立東長崎中であった……

▼テレビ新潟:「忘れられない日」中越沖地震から15年 被災地で黙とう 新潟
https://news.yahoo.co.jp/articles/037ba6cebef5e237f920a5baa7464be8dba7a2ed
(2022.07.16.)
 15人が犠牲となった中越沖地震から16日で15年。柏崎市では地震が発生した時刻に合わせ、黙とうが捧げられた。2007年7月16日に発生した中越沖地震では、柏崎市や刈羽村などで最大震度6強を観測……

【市民防災】

【防災士関連】

▼日高新報:おとろしわいて~「桂枝曾丸(防災士)と学ぶもしものそなえ」 和歌山県
https://hidakashimpo.co.jp/?p=83103
(2022.07.25.)
 日高川町防災講演会「桂枝曾丸と学ぶもしものそなえ」が小熊の町防災センターで開かれ、約80人が落語を楽しみながら防災意識を高めた。枝曾丸さんは防災士や応急手当普及員などの資格を持つ落語家……

▼長崎新聞:諫早大水害65年 常に“想定外”の意識を 「防災諫早」理事長・川浪良次(日本防災士会県支部事務局長)
https://nordot.app/924108475388575744
(2022.07.25.)
 長崎県諫早市のたらみ図書館ホールであった防災講座。会場の民生委員や自治会長らにNPO法人「街づくり・防災諫早」理事長の川浪良次が平時の備え、マニュアルに頼らない「自助」「共助」の大切さを……

▼静岡新聞:ジュニア防災士 30日に養成講座 御前崎
https://www.at-s.com/news/article/shizuoka/1097922.html
(2022.07.22.)
 NPO法人御前崎災害支援ネットワーク(落合美恵子代表理事)は30日午前9時から「ふじのくにジュニア防災士」の養成講座を御前崎市の佐倉地区センターで開く。対象は県内の小学4年生から高校生まで……

▼福島民友:命守る防災士育てたい…須賀川の水野さん、勉強会で資格取得伝授
https://www.minyu-net.com/news/scramble/FM20220721-717693.php
(2022.07.21.)
 須賀川市の防災士、水野栄さん(75)は本年度から、自身が会長を務める任意団体「須賀川市の防災を考える会」で防災士の資格取得のポイントを教える勉強会を始めた。水野さんは「防災士の資格を取る……

▼朝日新聞:武田佳子さん 誰ひとり取り残さない防災を訴える
https://digital.asahi.com/articles/DA3S15362221.html
(2022.07.20.)
 先天性の脳性小児まひで手足や言葉に障害がある。自宅最寄りの避難所まで約400m。歩いて行くことは難しい。「災害が起きたら、一人じゃ逃げられない」。一人暮らしを始めて28年だが、不安が常に……

▼琉球新報:最年少の中1防災士が初出動 泡瀬小で防災教室、災害時のトイレ設置を伝授
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1549797.html
(2022.07.18.)
 NPO法人防災サポート沖縄が沖縄市立泡瀬小学校で防災教室を開いた。4年生から6年生まで28人参加。今年3月に県内最年少記録で防災士資格を取得した沖縄東中学校1年の喜友名朝陽さん(12)が講師……

【企業・団体広報関連】

▼福島民報:創刊130周年 防災啓発アクション「365日の防災」開始
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000083014.html
(2022.07.30.)
 福島民報社は今年創刊130周年を迎えるに当たり、年間を通した防災啓発アクション「365日の防災」を7月30日の福島民報朝刊から「365日の防災欄」として掲載開始した。紙面や交流サイト(SNS)など……

▼DCM:「誰ひとり取り残さない災害対応」~産官学民協働による「新たな備えサポート隊 in 松山」発足
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000244.000022024.html
(2022.07.25.)
 愛媛県松山市の企業等の有志12社は、地域の防災力を強化することを目的に「新たな備えサポート隊 in 松山」実行委員会を立ち上げ、愛媛県松山市、愛媛大学防災情報研究センターと事業協定を締結……

▼コールマン:JR秋葉原の高架下にキャンプ練習場が出現 一般モニター募集開始
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000117.000032148.html
(2022.07.22.)
 『高架下キャンプ練習場』事業化検証としてキャンプの「練習」ができる施設を都心高架下に設け、8月13日~24日にJR山手線秋葉原高架下で実証実験を予定し、防災の観点も組み込み一般モニターを募集……

▼NTT東日本北海道グループ:陸上自衛隊北部方面隊共同防災演習
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000216.000098811.html(2022.07.21.)
 東日本電信電話株式会社北海道事業部は、大規模災害を想定した防災演習として、巨大地震の発生が切迫している可能性が高いとされる日本海溝・千島海溝沿いの海溝地震に対応する実働訓練を釧路市で開催……

▼ウェザーニュース:アプリで大雨による生活影響予測を配信開始 より具体的に生活に直結する被害予測で防災行動へ
https://jp.weathernews.com/news/40719/
(2022.07.15.)
 ウェザーニューズは、大雨による被害を最小限にするため、お天気アプリ「ウェザーニュース」にて現在地の雨の予想や雨による影響予測をピンポイントで確認できる「大雨ピンポイント情報」の配信を開始……

【防災ビズ】

▼能美防災:「火災臨場体験VR~混乱のオフィス~」レンタル価格はそのままに大地震をテーマにした2シーンを追加!
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000085174.html
(2022.07.25.)
 国内防災最大手の能美防災株式会社(東京都千代田区)は、VRコンテンツ「火災臨場体験VR~混乱のオフィス~」に“地震”をテーマにした2シーンを追加、レンタル価格はそのまま全5シーン提供を開始……

【新刊/書評】

▼朝日新聞:(書評)『暴れ川と生きる 筑後川流域の生活史』 澤宮優〈著〉
https://digital.asahi.com/articles/DA3S15357942.html
(2022.07.16.)
 九州最大の河川である筑後川は、「筑紫次郎」という別名を持つ。「坂東太郎」と呼ばれる利根川、「四国三郎」との別名を持つ吉野川と並んで、暴れ川の三兄弟とされる大河だ。阿蘇と久住を源流に数多く……

【イベント/映画/動画/映像/展覧会】

【研究成果・アンケート調査・講演会・知見 など】

▼静岡大学:熱海市逢初川盛土崩壊の地質的原因について
https://www.shizuoka.ac.jp/news/detail.html?CN=8329#wrapper
(2022.07.15.)
 静岡大学などの研究グループが、静岡県熱海市伊豆山地区で発生した土砂災害現場の地質調査を行い、以下の結果を得た。崩壊した盛土の下には岩戸山から供給された土石流の堆積物(乱雑堆積物と呼称)が……




*《Bosai Plus》No. 101~直近号掲載の[ClipBoard](PDF) は、下記「Microsoft OneDrive」で閲覧できます(創刊号からNo. 100 は”工事中”)。[ClipBoard]から各時期の防災動向をうかがい知ることができます。
*リンク先での記事削除などにより「リンク切れ」となっている記事があります。

*No. 101~(直近号まで)の [ClipBoard](PDF)